未分類

LINE公式アカウント便利なカードタイプメッセージカード別便利な使用方法

LINE公式アカウントのカードタイプメッセージは、いろいろな見せ方ができて店舗やサービスの紹介や商品紹介、美容室やエステサロンであるとスタイリストの紹介などにもぴったりです。より自分らしいこだわりを出すことでオリジナリティのある配信になるので、使いこなせるように練習してみましょう。こちらでは、カードタイプメッセージのデータの作成方法や使い方などについてご紹介していきます。

カードタイプメッセージの使い分け

LINE公式アカウントのカードタイプメッセージは、4つの種類があってそれぞれに得意とするものが異なります。カードタイプによって必要とするデータも異なりますし、使い道も変わってきますので、まずはどのような目的でどのカードタイプを使うのかを決めていきましょう。

プロダクトカードタイプ

プロダクトカードタイプは写真や説明文、価格、アクションなどが載せられるカードで、特に紹介したい商品やサービスを写真付きで紹介したり、クーポンなどと合わせて集客効果を高めたりすることが可能です。画像は3枚まで追加できるので、使い方次第でユーザーの興味をそそる宣伝になるでしょう。
ロケーションカードタイプは地図や位置情報、時間などの情報が入力できるため、店舗の場所や営業時間の周知、イベントの案内などをするときにおすすめです。ショップカードやクーポンと連動するアクションもできるため、ぜひ用意しておきたいカードタイプで一番使用率が高いのがこのカードタイプメッセージと言えます。

ロケーションカードタイプ

ロケーションタイプのカードは主に場所を伝える事に使用する事が多いカードカードタイプのメッセージになります。店舗ビジネスをされるかたにおいては特に大事なものになるのではないでしょうか?お店の場所をワンタップで伝える事が可能になってるので非常にお客様にとってはいい機能ですよね。

パーソンカードタイプ

パーソンカードタイプは画像データがサークルアイコンになり、1枚だけ追加できます。カラータグや説明文、アクションも付けられるため、店長やスタッフの紹介用に便利です。

そのほかにも紹介だけではなく、使い方は工夫次第になるので、紹介だけに使うものという認識でなくてもいいかなと思っております。

イメージカードタイプ

イメージカードタイプは1枚の大きい画像を掲載できます。

画像をとにかくインパクトに見せたいときには特に役立つのではないでしょうか?

そのほかの工夫としては4コマ漫画のような使用の方法なども工夫ができるのでとても面白いですよ。

カードタイプメッセージの作成方法

カードタイプメッセージを作るには、画像デザインデータを作る必要があります。ただし、使用するカードタイプによってアスペクト比(縦横の比率)が異なりますので、注意しましょう。写真でもイラストでも構いませんが、実際にカードタイプメッセージを確認して、そのサイズで見やすい画像を選ぶようにしましょう。例えば、商品がごく小さく映っている写真を使うと、小さいカードではさらに何が移っているのか認識できなくなりますので、周辺をトリミングするなどの工夫が必要です。


使用する画像データはいずれもファイルサイズ10MB以下のJPGもしくはPNGです。プロダクト、およびロケーションのアスペクト比はどちらも1.54:1で、パーソンはアスペクト比1:1のサールクアイコン型にします。イメージは推奨比率1.11:1です。

私がプロダクトタイプで使用しているサイズは「770×500pix」で作成をしております。
参考にしてみてください。

これらのデータは分かりやすいファイル名をつけて保存しておき、カードタイプメッセージの編集をするときに呼び出します。カードタイプメッセージは、保存後に再編集することもできますので、画像を差し替えたり文章を書きなおしたりして、新しいカードにすることも可能です。Webリンクやクーポンとも組み合わせて集客を上げるためにも、多くのユーザーが注目するような画像データや文章を作っておきましょう。

カードタイプメッセージの操作方法

カードタイプメッセージの素材がそろったら、実際の作成方法を見ていきましょう。使い方はそれほど難しくありませんし、細かい指定をするときの操作方法もほぼ選択肢の中から必要な項目を選択するだけなので、初心者でもそれほど時間はかかりません。

まず、カードタイプメッセージメニューを選択後、作成をクリックしてメッセージタイトルを入力し、カードタイプを選びます。カードは追加ボタンを押すことで、同じタイプのカードを最大9枚まで設定できます。ラベルやアクションなどの追加要素はチェックを入れた後に詳細を指定するだけですし、写真は事前に作っておいた画像から適切なものを選び、アップロードすれば完了です。基本的にはチェックやプルダウンの選択などでカードの作成を進めていけますが、メッセージに関しては入力欄にテキストを打ち込む必要があります。


全ての設定を完了した後、保存をクリックすれば完了、後は配信するだけです。作成したカードタイプメッセージは、メッセージ配信やあいさつメッセージ、自動応答メッセージの形式で表示することができます。また、リンク用のもっと見るメッセージカードを使えば、カードを見て興味をひかれた潜在的顧客を誘導することも可能です。

多くのユーザーに情報発信できるカードタイプメッセージ

このように、LINE公式アカウントのサービスを活用すれば、LINEを利用している多くのユーザーに店舗やサービスの売りをアピールすることが可能です。

毎月1000通まではメッセージが無料となっており、それ以上は従量課金制なので、特にアピールしたい時期だけ集中してメッセージを送ることもできます。ただそれほど気にしなくても、1000通を超えてくるくらいのお友達がいてるということだと思うので、1000通/月を超えて5500円を支払たとしてもそれ以上の売り上げを上げているのではないでしょうか?ぜひ利用してみましょう。

集客でお悩みの方、 Toiroにお任せください

集客の仕方がわからない、LINE、HP、ショッピングサイトはどうやって作ればいい?
SNS集客、広告、スタッフ教育などのご相談など何でもお気軽にご相談ください。

【期間限定】無料ご相談して頂けます。

***